食事誘導性熱代謝(DIT反応)を利用して体脂肪を減らす

体脂肪の減らし方

食事誘導性熱代謝(DIT反応)とは?
また、消費エネルギーとの関係は
http://taisibou.com/taisha/dit/dit_riyou.html
HOME
食事誘導性熱代謝を上手に利用して体脂肪を効率よく減らしましょう。
*  バタフライフ ダイエット!時間・お金・根性が足りない人へ
* 自力で脚やせダイエット!
* 便秘体質改善法!1日5分の整体的な解消方法
 
ヨガ
食事誘導性熱代謝(DIT反応)を上手に利用する

食事誘導性熱代謝(DIT反応)を上手に利用する

食べ物を食べること自体で 消費されるエネルギーのことを
食事誘導性熱代謝 (DIT反応)といって、これを
上手に利用することで、体脂肪を効率よく減らしていきます。
◇ 朝食
食事誘導性熱代謝(DIT反応)は、朝方ほど強く、昼から


夜へ向かうにつれて弱くなっていくので、朝食に重点を
おいた食生活では、体脂肪がたまりにくいようです。
◇ おいしく食べる
DITは、ものを食べたときに「おいしい」と感じた時に
よくおこり、おいしくないときにはあまりおこりません。
好きなものを食べた時って、体がほかほか温まったり、汗が
出てきたりしませんか?これはDIT反応が発動しているのです。
◇ 運動
運動の効果が出やすい運動のタイミングとは、どんなとき


なのでしょうか。 たとえば、食事の前に運動することは、
食事誘導性熱代謝(DIT反応)を高める効果があります。  
DIT反応が高くなると、エネルギーの消費量が増加し、
食後もずっとその状態が持続します。
また、日ごろから運動しているとDIT反応が速く強くなる
ため、エネルギーを消費しやすくなり、体脂肪をため込み 
にくい「ダイエット体質」になるというわけです。
* 代謝 には 
基礎代謝、 生活活動代謝、 食事誘導性熱代謝 があります。
MENU
サラダ
copyright 2008-2012 (C) 体脂肪の減らし方 All Rights Reserved