食事誘導性熱代謝(DIT反応)

体脂肪の減らし方

食事誘導性熱代謝(DIT反応)とは?
また、消費エネルギーとの関係は
http://taisibou.com/taisha/dit/
HOME
食事誘導性熱代謝(DIT反応)をよくして、脂肪燃焼効果をアップ!
*  4分32秒のモデルダイエット!
* メタボ解消の成功法則!9日間で−6.8キロ
* 太ももの脚やせ法をプロが伝授!
 
ヨガ
食事誘導性熱代謝(DIT反応)

食事誘導性熱代謝

食事をするとからだが温まりますが、このように


食べ物を食べることで、消費されるエネルギーを
食事誘導性熱代謝 (DIT反応)と いいます。
これは、どんなものをどのように食べるかによって
違ってくる消化、吸収活動に必要なエネルギー消費
なのです。食後は、数時間にわたって エネルギーの
代謝効率が高くなり、エネルギー消費が増えます。
食べることそのものが食べたカロリーを消費してくれる
なんて、これはちょっとお得な感じがしますよね。
ダイエット効果アップにこれを利用しない手はありません。
食事誘導性代謝は、エネルギー消費全体の10%ほどと
されていますが、肥満がすすむと低下してしまうんですね。
ただ、このDIT反応は、誰でも強くすることができるので、    
食事誘導性熱代謝を上手に利用すると、体脂肪を
無理なく効率よく減らすことができそうです。

* 代謝 には 
基礎代謝、 生活活動代謝、 食事誘導性熱代謝 があります。
MENU
サラダ
copyright 2008-2012 (C) 体脂肪の減らし方 All Rights Reserved