体脂肪を減らす食事習慣

体脂肪の減らし方

体脂肪を減らす食事習慣
就寝前の大切なこと
http://taisibou.com/shokuji/shuusin/
HOME
就寝前の大切なこととは?
就寝中に中性脂肪がつくられてしまう習慣を避けましょう。
* 山田式骨盤ダイエット法*スペシャル特典付き!
* 熟睡できる睡眠のコツ
 
ヨガ
体脂肪を減らす食事習慣 就寝前の大切なこと

体脂肪を減らす食事習慣 就寝前のお約束

「寝る前の3時間は 食べない」ことが大切です。
就寝時に胃腸の中に食べ物が残っていると、副交感神経優位の
状況下で腸の吸収率が高くなり、脂肪としてたまりやすくなります。
しかも、睡眠中は筋肉や脳の活動が最も低くなる休息モードのため
吸収された糖分の消費が極めて少なくなって、効率よく中性脂肪
へと作り変えられていきます。 満腹のまま眠ればしっかり太って 
しまうというわけですね。 寝る前の2〜3時間は何も食べないで、
就寝時には、胃の中は空にしておくことが大切なポイントです。
しかも、脂肪を分解する働きがある成長ホルモンは、寝入ってから
一番最初の深い眠りと連動して多量に分泌され、このホルモンは
空腹時のほうが分泌されやすいという特徴があります。
寝ている間に中性脂肪がつくられるという習慣を断ち切りましょう!

また、寝る前3時間以内の炭水化物の摂取は、成長ホルモンの分泌
を妨げ、細胞の修復力がダウンするため老化を早めることになります。
モデルさんは、18時以降は何も食べないという人も多いですよね。
どうしても何か食べなければいけない時は、炭水化物や 糖分
脂肪分をさけ、タンパク質や水分のあるものだけにしておきます。

就寝中は、夕食を食べたあとの老廃物が取り除かれ、きれいに
なった血液が全身にいきわたるときです。食べてすぐに寝ると、
血液が胃に集中し、末端の血のめぐりが悪くなって冷えを招き、
翌朝、手足がだるくなります。「寝る前は食べない」を鉄則に!
MENU

HOME
体脂肪とは?
体脂肪率
BMI
体脂肪計
脂肪細胞
褐色脂肪細胞
内臓脂肪型
皮下脂肪型
HDL(善玉)コレステロール
LDL(悪玉)コレステロール
コレステロールを減らす食べ物
メタボリック症候群
子供のメタボリック症候群
脂肪の燃焼
代謝と消費エネルギー
カロリーと筋肉
体脂肪を減らす食事習慣
体脂肪になりやすいもの
リバウンドとは?
体脂肪を減らすコツとは?
アロマで体脂肪ダイエット
足やせダイエットの方法
岩盤浴ダイエットで体脂肪燃焼
サラダ
copyright 2008-2012 (C) 体脂肪の減らし方 All Rights Reserved