悪玉(LDL)コレステロールとは

体脂肪の減らし方

悪玉(LDL)コレステロールとは
http://taisibou.com/ldl/
HOME
悪玉(LDL)コレステロールが過剰になると動脈硬化の危険が・・・
* 骨盤矯正ダイエット*太りにくい燃焼体質に変える
* 中川式首痛・肩こり治療法*首や肩の激痛を短期間で解決!
ヨガ
悪玉(LDL)コレステロールとは

悪玉(LDL)コレステロールとは

コレステロールは、私たちの生命の維持に欠かせないものです。
身体のなかのコレステロールが多すぎると高脂血症や動脈硬化を
引き起こすことになりますが、これが少なすぎても細胞の維持や
ホルモンの生成などが、ちょっとむずかしくなります。
LDLには、そのコレステロールを身体じゅうの細胞へ運ぶという
重要な役割があり、LDLそのものは決して悪玉ではありません。
ところが、LDLが過剰になると細胞や血液中にコレステロールが
必要以上にたまって、動脈硬化を誘発する原因になることから、
LDLは悪玉といわれているわけです。 しかし、実際のところは
活性酸素によって酸化されなければ、それほどの害はないといわれ、
最近では悪玉コレステロールを減らす事とともに、活性酸素による
酸化を防ぐことの重要性が注目されてきています。
また、中性脂肪が増えてくると、それに反比例するかのように
善玉(HDL)コレステロールが減ってきます。 すると、細胞に
たまったコレステロールの回収ができず、動脈硬化が進行します。
回収されないLDLが体内を流れるうちに小型化して血管壁に進入
しやすくなるのです。とくに中高年の女性の場合、閉経後は卵巣から
分泌されるエストロゲンというホルモンが減り、悪玉コレステロール
を分解する能力が低下してしまいます。50〜60代で高脂血症や
動脈硬化になる女性が多いのは、このためなんですね。
* エストロゲンは、血液中の悪玉コレステロール(LDL)を肝臓に
吸収させ、善玉コレステロール(HDL)を増やすとともに、LDLが
活性酸素によって酸化することを防いでいます。また、肌の水分量や
コラーゲンを増やしたりする作用もあるため、血中のエストロゲンが
多い人ほど若く見える傾向があります。これは思春期頃から急に増え
ますが、30代後半頃から減りはじめ閉経とともに急激に低下します。
そして、徐々に機能が低下してきた卵巣や子宮を守るために、体は
女性ホルモンの原料となるコレステロールを溜め込もうとします。
その貯蔵庫として、脂肪が多く筋肉が少ないお腹は好都合なのです。
MENU

HOME
体脂肪とは?
体脂肪率
BMI
体脂肪計
脂肪細胞
褐色脂肪細胞
内臓脂肪型
皮下脂肪型
HDL(善玉)コレステロール
LDL(悪玉)コレステロール
コレステロールを減らす食べ物
メタボリック症候群
子供のメタボリック症候群
脂肪の燃焼
代謝と消費エネルギー
カロリーと筋肉
体脂肪を減らす食事習慣
体脂肪になりやすいもの
リバウンドとは?
体脂肪を減らすコツとは?
アロマで体脂肪ダイエット
体脂肪を減らすツボ
足やせダイエットの方法
岩盤浴ダイエットで体脂肪燃焼
* 活性酸素による酸化 *
喫煙などが原因で、悪玉コレステロールが酸化されて酸化LDLになると、血管の壁に入り込んで障害を起こし、動脈硬化になります。
サラダ
copyright 2008-2012 (C) 体脂肪の減らし方 All Rights Reserved