コレステロールを減らす食べ物

体脂肪の減らし方

コレステロールを効果的に
減らす食べ物とは?
http://taisibou.com/koresuteroru/
HOME 
* 骨盤矯正ダイエット*60秒3ステップの北原メソッド
* セルライト解消法☆自分で簡単に取る方法
* AカップからCカップへ!芸能事務所採用のバストアップ術♪
 
ヨガ
コレステロールを減らす食べ物

コレステロール値を下げる食べもの

コレステロール値が高い人は、血液中の脂質が多く動脈硬化を
促進します。 コレステロールの少ない食品やコレステロール値
を下げる食べものを、毎日 適量摂取するようにしましょう。
コレステロールを減らす食品には、シイタケなどのキノコ類、
大豆や大豆製品、トマト、ゴマ、タマネギ、ニンニクなどがあります。

大豆

畑の肉といわれている大豆は、8種類の必須アミノ酸を含む
良質の蛋白で、エネルギーも高くないという優秀な食べ物です。
また、大豆に含まれるレシチンには、血液と脂質を乳化させる
はたらきがあって、コレステロールが動脈壁に沈着するのを
防ぎ、老化防止にも効果があるとのこと。 
また、大豆にはリノール酸やビタミンE、食物繊維が多く含まれ
ており、いずれもコレステロールを減少させる作用があります。 
大豆や大豆製品は、動脈硬化や脳卒中などの予防に効果的な
食品というわけですね。とくに納豆には、大豆の2倍の量の
ビタミンB2や、食物繊維が豊富に含まれています。

トマト

トマトは、食物繊維のペクチンや、ビタミンA、ビタミンCを豊富に
含み、糖質や脂質が分解されてエネルギーになるときに必要な
ビタミンB群や、鉄、カリウムなどのミネラルも多く含んでいます。
ペクチンには、コレステロールや中性脂肪の合成を抑制したり、
便として体外に排出するという働きがあります。トマトの酸味で
あるクエン酸やリンゴ酸、コハク酸は、乳酸などの疲労物質を
取りのぞく働きをします。また、カリウムの塩分の排泄を促し、
血圧を下げる作用にも注目したいですね。

シイタケ

シイタケには、食物繊維やビタミンB2、ビタミンDが豊富に含まれ
ています。 コレステロールを減少させ、動脈硬化を予防する
とされるエリタデニンも含まれています。

ゴマ

リノール酸やオレイン酸が多く含まれ、悪玉コレステロールを減少
させます。老化防止のビタミンEや、カルシウム、鉄、亜鉛なども
含み、食物繊維も豊富です。ゴマ特有の成分であるゴマグリナンは、
ゴマに含まれる抗酸化物質の総称。中でも含有量の多いセサミンは、
肝臓のはたらきを強化します。

ニンニク

蛋白質やビタミンB1、B2、 ビタミンC、カルシウムなどが含まれ、
疲労回復などに役立ちます。刺激臭のもとになっている硫化アリル
には、コレステロールを減らし、血栓を予防する作用があります。

タマネギ

タマネギには、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カルシウムなどが含まれて
います。 タマネギの刺激臭や辛味の原因である硫化アリルは、善玉
HDLコレステロールを増加させたり、血栓を防いだり、新陳代謝を
活発にする作用があり、動脈硬化や心筋梗塞などの防止に役立ちます。
また、硫化アリルは鎮静効果と身体を温める効果があり、安眠効果も◎。

マイワシ

マイワシにたっぷり含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)には、悪玉コレステロールや中性
脂肪を減少させるはたらきや血液をサラサラにする働きがあります。
MENU

HOME
体脂肪とは?
体脂肪率
BMI
体脂肪計
脂肪細胞
褐色脂肪細胞
内臓脂肪型
皮下脂肪型
HDL(善玉)コレステロール
LDL(悪玉)コレステロール
コレステロールを減らす食べ物
メタボリック症候群
子供のメタボリック症候群
脂肪の燃焼
代謝と消費エネルギー
カロリーと筋肉
体脂肪を減らす食事習慣
体脂肪になりやすいもの
リバウンドとは?
体脂肪を減らすコツとは?
アロマで体脂肪ダイエット
体脂肪を減らすツボ
足やせダイエットの方法
岩盤浴ダイエットで体脂肪燃焼



サラダ
copyright 2008-2012 (C) 体脂肪の減らし方 All Rights Reserved