褐色脂肪細胞

体脂肪の減らし方

褐色脂肪細胞は 
脂肪をたくさん燃焼させて
余分なエネルギーをはき出させます
http://taisibou.com/kasshoku/
HOME
ヨガ
褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞のうれしいはたらき

脂肪細胞には、白色脂肪細胞褐色脂肪細胞があります。
脂肪細胞のほとんどは 白色脂肪細胞で、余分なエネルギーが  
脂肪として蓄えられます。
一方、褐色脂肪細胞はエネルギーが余ったときに蓄えた中性脂肪
をたくさん燃焼させて体温を上げ、余分なエネルギーをはき出さ
せるという、すぐれた能力をそなえ持っています。他の体脂肪が
エネルギーを蓄えるのに対して、褐色脂肪細胞は体の熱を生産
する働きがあり、内臓脂肪も燃やしているようです。
つまり、この褐色細胞がもっともっと頑張ってくれれば、
意外と簡単に痩せられるのでは・・・?
ところが褐色脂肪細胞の量はとても少なくて、肩甲骨のまわりや
ワキの下、鎖骨の下、頚動脈や腎臓のまわりなど身体の深い部分に
わずかに存在するだけです。全脂肪細胞の1%以下ともいわれています
が、これにはやや個人差があるようで、全く検出されない人もいます。
褐色脂肪細胞は、幼児期にもっとも多く存在し、約100gある
といわれますが、成人すると減少して約40gになってしまいます。
これは、赤ちゃんが母親の胎内から出たときに、冷気に触れて
体温が下がらないように褐色脂肪細胞が中性脂肪を燃やして、
体温を維持するためと考えられているようです。
そんなわずかにしか存在しない褐色脂肪細胞に、めいっぱい
活躍してもらう方法もダイエットに取り入れていきましょう!

褐色脂肪細胞と食事誘導性熱代謝

MENU
サラダ
copyright 2008-2012 (C) 体脂肪の減らし方 All Rights Reserved